自分の歯のように使える

インプラントの仕組み

歯を数本失ってしまうだけでも、噛みあわせが悪くなってしまったり、発音に悪影響を及ぼしてしまったりすることがあります。従来まではそれを補うために、ブリッジや入れ歯という方法が行われていました。しかし、ブリッジの場合は、健康な歯を削る必要がありますし、入れ歯の場合は噛みごたえが悪いという点がありました。それらを改善した治療法が、インプラントです。インプラントは、日本で普及していきている新しい治療法です。失った歯の代わりとして、人工歯根を埋め込んで、人口の歯を装着するのがインプラントです。自分の歯と変わらず咬むことができますし、健康な歯を削ることなく治療することができます。

インプラントは、フィクスチャーというネジを骨に埋め込んで、人口の歯をアバットメントによって繋ぐというものです。クリニックによって費用は異なりますが、ほとんどがフィクスチャーを埋める手術の費用と、人口の歯の費用、検査の費用は別で計算されます。費用相場を把握しておくと、クリニックを選ぶ時の参考になります。全体的な費用は1本35万円~45万円程度が多いです。ただ、インプラントを打てる骨がない場合は、骨を造る手術も必要になるので、さらに5万円~数百万円ほど費用がかかることがあります。

インプラントの治療には、1回法と2回法があります。1回法は1回で手術が終わるというもので、2回法は2回の手術で完了するというものです。1回法なら、手術は1回で済むので身体にかかる負担は少ないのですが、治療の成功率は低くなってしまいます。2回法は、手術が2回必要になるので多少負担はかかりますが、成功率は高くなります。クリニックでは1回法よりも、2回法が行われていることが多いです。