他人の目を気にしない

歯科医の機具

矯正治療をすることによって、歯並びを改善することができます。しかし、矯正装置が見えることに抵抗がある人や、仕事上の問題で矯正治療ができないという人もいます。そういう場合は裏側矯正をすると良いです。裏側矯正とは、歯の裏側に矯正装置を付けることができる治療です。そのため、他人に矯正装置を見られることもありませんし、見た目で仕事に影響を与えることもなくなります。裏側矯正の一番のメリットは、他人に目を気にしなくて良いことです。矯正装置が見えることが原因で、話すことや笑うことに臆病になっている人もいます。しかし、裏側矯正ならいつもと変わらず話すことができますし、笑うことができます。コミュニケーションを取ることが苦にならずに、矯正治療を進めることができるのです。

虫歯にならにくいのも裏側矯正のメリットです。歯の裏側というのは、常に唾液で湿っている状態です。唾液が少なく、乾燥している状態だと細菌が繁殖してしまうため、虫歯ができやすくなります。そのため、裏側矯正の場合は、常に歯の表面を唾液で濡らしておくことができるため、清潔で虫歯ができにくくなるのです。裏側矯正は、大人はもちろんですが、子供にも向いている治療方法です。思春期というのは多感な時期ですし、友達と触れ合う機会も多いので、矯正装置が見えることに抵抗がある人が多いです。裏側矯正なら、そのような時期でも、周囲の視線を気にすることなく治療することができるので、子供にも向いているのです。